住まいには綺麗な床が不可欠

素敵な住まいにはきれいな床が必要です。
面積が広く、人目につく床で部屋の印象が決まることもあり、木の床は時代を越えて愛されています。
特にフローリングは木の床でもスタンダードなもので、清潔感がありながら保温効果もあり、誰でも木の床にぬくもりを感じることができるのでどんなお部屋にもフィットする床材として選ばれているのです。
そんな床を維持し守るために必要なことといえば、表面をコーティングすることです。
一般にはワックスなどを使って表面を艶出しし、さらには傷などを隠すことができることがその醍醐味なのです。
輝きの増した床は高級感をだすことができるので、いつもの暮らしにもワンランクアップする気分を味わえます。

フローリングに使われるワックスはほとんどのものが塗膜が薄く素早く乾くために、二重に塗っていくととてもきれいに輝きます。
薄く延ばすように塗ることがもっとも効果的な塗り方です。
必要なことといえば、塗ったあとにじゅうぶんに乾燥させることですが、あらかじめ窓を開けるなどをして乾燥させる準備をしておくことが必要です。
そして必要な箇所に塗っていき、1、2時間ほどして完全に乾燥すればもう一度塗って同じ工程を繰り返し、完成です。
あらかじめお掃除や傷の補修などもしておくと、コーティングすることで傷なども目立たなくなります。
お掃除と改装のプロフェッショナルであるハウスクリーニング業者ではお部屋のワックスにフロアコーティングなどを利用することがあります。

今お部屋の掃除をもっとも手がけているハウスクリーニング業では一般的にフロアコーティングというものが使われています。
フローリング全体をカバーしながら、その光沢を維持するために作られた特殊なもので、ガラスの繊維が使われており艶をもちながら硬度を保っています。
また、一度この素材でフロアコーティングをすれば通常より艶と強度が長持ちすることがあり、お手入れが簡単になるほか汚れや熱にも強いといった特性が得られます。
また日光を吸収し保温する素材や、光を全く反射しない新素材などもあることから、その用途の幅は広がっているといえます。
お部屋にあわせた床をコーディネートすることも可能とするのはこの材質が持つ味のです。

オススメリンク

フロアコーティング業者の比較サイトがこちら|フロアコーティングをとことん比較してみました

コーティングの目的と種類

コーティングでは、木質フローリングの床材に対してワックスなどを保護剤を塗布することになりますが、この保護剤にはいろいろな種類のものがあります。
従来では、強度や防水性を第一に考えることが…Read more

相場は安くなってきている

日本の住宅の床というと、畳敷というイメージがありますが、実際には木質の床材が使用されているというのが一般的になってきています。
畳の魅力も捨てがたいのですが、イスにテーブルというライフス…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー